利用前に知っておきたい!車の個人間売買に関する情報をご紹介!

このサイトでは、車の個人間売買に関しての手順や手続きを紹介しています。
近年、インターネットの普及によって販売店よりも高く売れる、安く買えるということで個人間での売買が増えてきています。
しかし、大きな取り引きともなると手順も多く、トラブルも発生しやすいという問題があります。
中でも早急に対応しておきたいのが名義変更です。
必要書類を揃えて、自分たちで手続きをしなくてはいけませんが、事前に手順を知っておくことでスムーズな取り引きができるでしょう。

利用前に知っておきたい!車の個人間売買に関する情報をご紹介!

個人間売買ではトラブルを避けるために利用前に確認しておきたい項目がいくつかあります。
大前提として確認しておきたいのが車両情報と売買金額、売買金額の支払い時期と支払い方法、そして引き渡し日と引き渡しの手段です。
さらに、所有権の移転時期、名義変更の費用負担や時期、自動車税の還付、車の滅失等の負担、瑕疵担保責任、期日内に手続きがされない場合の契約解除などがあげられます。
これらは口約束ではなく契約書を用意してサインすることが重要です。
中でも名義変更はスムーズに行わないと、後々のトラブルに繋がりやすくなります。
手続きはどちらがするのか、トラブルを回避するために注意するべき点はなにか、事前に理解しておくことで気持ちのいい取り引きができるでしょう。

自動車を個人間売買で売却する際に利用できるサービス

乗り換えをすることにより、これまで乗ってきた自動車を手放す時には、選択肢の中には個人間売買を利用する手段があります。
買取りを専門にしている会社は多数ありますが、個人間での売却方法では買取り店よりも高く売れる可能性が十分にあるのでお得さを感じられます。
ところが個人間の場合はトラブルが起きてしまうリスクというものはあり、明確にコンディションを提示していても後からクレームが来てしまったり、料金を約束通りに支払わないなど問題はいくつも想定できます。
このリスクを回避するには個人間売買をサポートする専門会社があり、手数料は掛かりますが購入者とのやり取りから書類の受け渡しなど面倒な作業も依頼できるので安全で安心できる取引を行うには最適な会社です。
中古車の場合は同一の状態の車が他には存在していないことから、売却する方はできるだけ多くの情報を提示することは必須です。
写真撮影も外装と内装、エンジンルーム内など何枚もの写真も撮影しておく方法で後からクレームが来てしまうことも無くせます。
サポートをする会社側でも必要な写真や資料などをアドバイスを受けることができることと、料金の支払いについてもフルサポートをしているのでトラブルを起こさないためには非常に便利ではないでしょうか。

どうすればいい?車の個人間売買の具体的なやり方

"友人知人間やオークションなどで車を個人間売買することになったとき、どのようなやり方をすればよいのでしょうか。
オークションだけでなく、たとえ親しい間柄であっても、トラブルにならないよう諸手続きや契約書の作成はしっかり行うようにします。
まずは買手売手ともに車両の状態を確認します。
実際に双方で確認できれば良いのですが、相手が遠方であれば写真や動画などを活用して状態を伝えるとよいでしょう。
修理歴やどのようにメンテナンスを行ってきたか、タイヤなどの消耗品の状態もしっかり確認することが大切です。
売手は修理歴などを隠さずに伝え、買手は不安要素があれば細かく聞いておく必要があります。
双方が納得したら売買契約書を作成します。
契約書には売買する対象の情報と代金について、いつ引き渡すかとその方法、代金を支払う期日や方法を記載するようにします。
また、個人間売買で注意が必要なのが本体以外の代金です。
例えば陸送費用や名義変更手続きなどです。
本体以外にかかる費用をどちらが支払うのかをあらかじめ決めておかないとトラブルになるので、その費用負担に関しても契約書に記しておきましょう。
必要書類の準備や法的手続き、任意保険も忘れずに対処するようにしてください。

車を個人間売買した時の代金の支払いについて

車の個人間売買は、仲介業者を介して行うものとは異なり、すべて個人で行います。
原則として、車の引き渡しと代金の支払いは同時に行います。
これは、トラブルを起こさないための対策です。
売主を買主が遠くに住んでいる場合には引き渡しと支払いは困難な場合があります。
この場合の引き渡し方法については陸創業者に依頼をし、それを保管場所から買主の住所地まで移動するという方法です。
他には、売主か買主どちらかが自分で運転をし、買主の住所地に届けて、公共交通機関等を使い自宅に戻ってくる方法もあります。
売主と買主の日帰りが難しい場合、業者に頼み、日帰りができる距離の場合には、どちらかが運転するという方法が合理的です。
陸送業者に依頼をする場合には、買主が保管場所にて代金を支払います。
手続きも簡単で、トラブル回避にもなるからです。
個人間売買で、売主と買主がそれぞれ特に注意するべきことがあります。
売主の場合は、売買代金がしっかりと回収をできているかどうかということです。
引き渡しと同時に、代金を一括して支払ってもらえれば改善できます。
買主の場合は、確実に引き渡しを受けることです。
代金は支払ったけれど、売主が突然行方をくらまし、引き渡しができなくなり、お金だけだまし取られたという事態が起こりえます。
確実に受けるために引き渡しと支払いを同時に行う方法が最も確実です。

車の個人間売買では外観もしっかり確認しておこう

失敗なく車を個人間売買するためのチェックポイントとして、外観の確認も隈なく行うようにしましょう。見た目のキレイさを重視する人は特に念入りなチェックが必要で、後から傷やへこみ、腐食などに気付きがっかりすることにならないよう注意しなければいけません。ただ、画像だけですべてを判断することは難しいです。出品者によってはキレイに見えるよう、ダメージ箇所を意図的に避けて写真撮影をしていることもあります。可能ならば画像を追加してもらい、全体が見えるような写真や気になる箇所にフォーカスした写真を見せてもらうと良いでしょう。そして大切なのが現車の確認を行うことです。実物を見たからこそ分かることもあるはずし、自分の目でよく確かめてから購入をした方が安心と言えます。なお、個人間売買の場合、販売店のようにいつでも見せてもらえるわけではありません。したがって相談の上でお互いに都合の良い時間や場所を合わせ、チェックに臨む必要があります。

個人間売買に関する情報サイト
車を個人間で売買するには?

このサイトでは、車の個人間売買に関しての手順や手続きを紹介しています。
近年、インターネットの普及によって販売店よりも高く売れる、安く買えるということで個人間での売買が増えてきています。
しかし、大きな取り引きともなると手順も多く、トラブルも発生しやすいという問題があります。
中でも早急に対応しておきたいのが名義変更です。
必要書類を揃えて、自分たちで手続きをしなくてはいけませんが、事前に手順を知っておくことでスムーズな取り引きができるでしょう。

新着情報
    2022/2/28

    自動車を個人間売買で売却する際に利用できるサービス

    2022/2/28

    どうすればいい?車の個人間売買の具体的なやり方

    2022/2/28

    車を個人間売買した時の代金の支払いについて

    2022/2/28

    車の個人間売買では外観もしっかり確認しておこう